オモリの種類

鮭イクラ鮭イクラ

釣りを始めるために、まずはどんな道具を揃える必要があるのでしょうか?

魚がいるところにエサを届かせる為の道具、魚がエサに食い付いたことを知るための目印になる道具など…、釣り初心者の為に、釣り道具の名称、用途、種類などを紹介していきます。

釣り道具の基礎知識 その④「オモリ」

オモリはエサを魚のいるタナまで導いてくれる重要な道具の一つになります。

例えば水深の深いところにいる魚を狙う場合や、潮の流れが早いところで釣る場合は、重いオモリを使用しますし、水面近くでの釣りやウキを使わないミャク釣りの場合は、オモリを使わなかったり軽めのオモリを使用することもあります。

どの場所で、どんな魚を狙うのかによって、用途や仕掛けに合わせて的確なオモリを選ぶことが大切になります。

オモリの種類と特徴

ここでは、オモリの種類とそれぞれの特徴をご紹介します。

①ガン玉
丸い玉の中央にある割れ目にラインを挟んで固定するタイプの小型のオモリです。歯で噛んだり、ペンチなどで挟むとしっかりと固定されます。

②噛みつぶし
基本的にはガン玉と同じ用途で、形がナツメ型になっています。名前の通り、噛みつぶして使います。素材が柔らかいので、噛んだだけでも簡単に固定できます。

③ナツメオモリ
オモリの中央にラインを通す穴が貫通していて、ここにラインを二重に通すなどして固定して使用します。

④ナス型オモリ
オモリの上部にラインを接続する金具が付いています。天秤と組み合わせて使うことが多いです。

この他にも好きな長さにちぎって使う「板オモリ」、ワームなどのソフトルアーを付ける「フック付きオモリ」、ルアー用の「バレット型オモリ」などがあります。