サビキ釣り

鮭イクラ鮭イクラ

今回は、釣り堀体験第6弾として「堤防でのサビキ釣り」の体験レポートになります。

この堤防は釣り堀ではなかったのですが、堤防のある海釣り公園や管理釣り場は全国各地にありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

特に、海釣り初心者の方にはオススメの内容になっていますよ(^^)

そもそも「サビキ釣り」とはどんな釣り?

「サビキ」とは、

釣りをやった事がある人なら

イメージがわくと思いますが、

 

釣りをやった事がない

人にとっては聞き慣れない

言葉かもしれませんね。

 

サビキと言うのは、

エサに似せた小さな

「擬似バリ」がたくさん

付いた仕掛けのことです。

 

この仕掛けに

魚を寄せる為のエサ(コマセ)

入れたカゴを付けて

 

エサに集まってきた魚が

エサだと思って

擬似バリに喰いついて釣れる

と言うものです。

サビキ釣りのイメージと仕掛け

サビキの仕掛けにはコマセカゴを

仕掛けの上に付けるタイプ、

下に付けるタイプ、

 

そして、カゴを付けないタイプ

などがあります。

堤防のサビキ釣りの仕掛け

引用元「Honda 釣り倶楽部」

魚の種類・季節・時間帯などによって

泳いでいるタナ(水深)が異なるので

 

底の方から水面に向けて

少しずつ仕掛けを上げながら、

魚がいるタナを探っていきます。

 

エサで魚を寄せながら釣るので

初心者にとっても釣りやすく

 

条件が揃うと、

1日で何十匹〜100匹もの

数釣りが楽しめると言う

釣りになります!!

サビキ釣りで釣れる魚の種類

堤防には季節によって

様々な魚が回遊してくるので、

釣れる魚の種類も豊富です。

 

その中でも特によく釣れるのは

アジ、サバ、イワシです!!

アジ

↑ 小アジ:10〜15cm前後がよく釣れます。何と言ってもサビキ釣りのメインターゲット!

サバ

↑サバ:10〜20cmくらいの小物が多いですが、サイズの割にはよく引くのでとても楽しい!

マイワシ

↑マイワシ:10cmくらいの小型が多いです。カタクチイワシやウルメイワシも釣れます。

引用元「Honda 釣り倶楽部」

この他にも、サッパ、

グレ・タイ・チヌの赤ちゃん、

ベラ、カサゴ、フグ、カワハギ

なども釣れます。

 

中にはアイゴやゴンズイなど

エラに毒針を持った魚

釣れることもあるので

 

安易に手掴みせず、魚バサミ

使って掴むようにしましょう。




大阪「泉佐野食品コンビナート」でのサビキ釣り体験

通称:食コンのオススメ釣りポイント!

大阪泉佐野市の

食品コンビナート(通称:食コン)

 

泉佐野漁港のすぐ近くにあり

大阪側(北)和歌山側(南)

2ヶ所に分かれています。

ここはメイン釣り場のドラム缶

足場の良い湾内の防波堤

テトラポッド地帯など、

様々な釣りポイントがあります。

 

そして

・サビキ釣りでのアジ、サバ

・活けエサでのブリ、ハマチ

・ルアーでのシーバス

 

他にも、

・団子やエビでのメジナ(グレ)、
クロダイ(チヌ)

・エギングでのイカ、タコ

・投げ釣りでのシロギス、カレイ

 

等など、色々なターゲットを

狙っている方々がいます。

ドラム缶

↑沿岸に並ぶドラム缶

「1つのドラムにグループ1組まで」

と言う暗黙のルールがあります。

 

車を横付けできるのは大変便利!!

テトラ地帯

↑防波堤から海側に面するテトラ地帯

メバルやガシラを狙えるポイントです。

湾内の防波堤

湾内の防波堤には、

アジ、サバ、イワシが回遊してきます

時々ボラが水面を飛んでいます(笑)

 

本当はメインのドラム缶に

行きたかったのですが、

先客で埋まっていたので

 

今回は湾内の防波堤で

釣りをすることにしました。

手を汚さずに使えるコマセ(撒きエサ)が便利!

一般的にサビキ釣りでは、

凍ったアミエビを溶かして、

コマセカゴに入れて使用します。

 

釣りに行く途中で、

釣具屋に寄って購入しましょう!

サビキ釣りの道具の画像

サビキ釣りの道具の画像

引用元「TSURI HACK」より

コマセエサと一緒に、

クーラーボックスの中に入れる氷も

一緒に購入しておくと良いですよ!

 

ここで、カゴにコマセを入れる時に

・手に匂いが付くのが嫌…

・手を汚したくない…

・購入した分を使い切れなかった…

 

と言う人にオススメなのが、

こちらの「アミのチャージ」

アミのチャージ

全く手を汚すことなく

簡単にカゴにコマセを

入れることが出来ます!

 

アミのチャージは

常温での保管ができるので

余ってもキャップを締めて

持ち帰れます!

 

※中身が腐らないうちに

使い切りましょう!

 

生のアミエビに比べると

若干集魚力は劣るそうですが

 

特に気にならないくらい

釣れたので大満足です!!

サビキ釣りの様子

この日は入れ食いで

海の中に仕掛けを入れたら

あっという間に魚がかかり、

 

たった2時間くらいで

35匹も釣れました!!

 

釣った魚をジップロックに入れて

クーラーボックス へ!

 

氷で直接魚を冷やすよりも、

氷でキンキンに冷やした海水

入れておくと魚が傷みにくいです。

豆サバ

↓オススメのクーラーボックスはこちら

【初心者必見】釣り堀ではどんなクーラーボックスが使いやすいの?

更に現場で魚を締めたり

内臓処理をやっておくと

 

鮮度を保ったまま

家に持ち帰れるので

美味しく食べれますよ☆

はらわた処理

コマセがいらない!?爆釣するサビキ仕掛け

コマセがなくても爆釣すると噂の

「ウルトラパニック」と言う

サビキ仕掛けをご紹介します。

 

こちらの仕掛けは

とんでもなく釣れるようです!

↓動画はこちら↓


サビキ釣りに特化した「魚に触れない針外し」

お子様連れで防波堤での

サビキ釣りをする時に

 

小アジや豆サバなどが

いっぱい釣れると、その分

針を外す機会も多くなります。

 

そんな時に、

魚に触れるのが苦手だったら

釣れる度に大変ですよね?

 

そこで、

お子様でも女性でも簡単に使える

 

「魚に触れない針外し」

大変重宝すると思いますよ!





まとめ

サビキ釣りは、海釣り初心者でも

簡単に釣れるので、

 

一人での釣りはもちろん、

ファミリーでも、カップルでも

十分に楽しめますよ!

サビキ釣り

今回も最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!!